若手研究者の育成実績

ポスドク研究員が成長し、研究者としてのキャリアを歩んでいけるよう指導を行っています。多くの方が顕著な研究成果を挙げて、大学または研究所におけるアカデミックポストに就職するなどの進路に進んでいます。

  • 藤縄環(2019–2020年度ポスドク研究員。現、国立環境研究所 研究員)
  • 池田恒平(2014–2018年度ポスドク研究員。現、国立環境研究所 主任研究員)
  • 岡本祥子(2014–2018年度ポスドク研究員。現、フランス・LISA 研究員)
  • Philip A. Brown (2013年度JSPSポスドク研究員。現、Radboud University Nijmegen)
  • 工藤慎司(2012–2013年度ポスドク研究員。現、滋賀県立大学 講師)
  • 大森裕子(2011–2014年度ポスドク研究員。現、筑波大学大学院生命環境科学研究科持続環境学専攻 助教)
  • 関本奏子(2010年度ポスドク研究員。現、横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科 准教授)
  • 齊藤伸治(2009–2010年度ポスドク研究員。現、東京都環境科学研究所調査研究科 研究員)
  • 奈良英樹(2007–2013年度ポスドク研究員。現、国立環境研究所 主任研究員)
  • 亀山宗彦(2007年度日本学術振興会特別研究員 (PD)、2008–2009年度ポスドク研究員。現、北海道大学大学院地球環境科学研究院 准教授)
  • 青木伸行(2005年度ポスドク研究員。現、産業技術総合研究所計測標準研究部門有機分析科有機標準第一研究室 主任研究員)
  • 定永靖宗(2004年度ポスドク研究員。現、大阪府立大学工学研究科 准教授)
  • 佐藤啓市(2003–2004年度ポスドク研究員。現、アジア大気汚染研究センター大気圏環境部 部長)