Voice

メンバーの声

地球大気化学研究室に以前所属していたメンバーに、実際に働くうえで感じていることや、働く中で目指す未来について聞きました。


本質を見極められる研究者を目指します

Yuko Omori


大森 裕子

  • 在職時の職名
  • 特別研究員
  • 在職期間
  • 2011年4月〜2014年3月
  • 現職
  • 筑波大学生命環境系 助教
    (筑波大学大学院 理工情報生命学術院
    生命地球科学研究群 環境科学学位プログラム)

研究室の雰囲気

みんな研究に集中して静かな雰囲気ですが、お昼休みには一緒にお弁当を食べながら和気あいあいとした、とてもメリハリのある研究室でした。
また、特別研究員(ポスドク)が常に2~3人は在籍していましたが、皆異なる研究をしていたので、セミナーでは様々な分野の話を聴ける機会が多く、とても刺激的でした。


谷本室長について

研究室に来たばかりの頃は、厳しくて怖いイメージでした(笑)。
谷本室長に出会ってから10年経った今、研究に対する厳しさは変わりませんが、若手研究者を独り立ちできるよう育ててくれる優しさを強く感じます。
どんなに忙しいときでも、国内外のゲストに細やかな気配りをされる、思いやりのある室長だと思います。

目指す未来

現在私は、筑波大学で気候・大気環境に影響を及ぼす海洋微生物由来の有機物の動態を研究しています。
地球大気化学研究室に在籍した4年間、谷本室長から「現象の本質を見極めること」を鍛えられました。
現在の地球環境の変化はスピードが速く非常に複雑ですが、その中で海洋微生物と気候・大気環境との関わりについて本質を見極められる研究者を目指します。

目指す未来


お問い合わせ

研究内容や職務内容に関するご質問や相談はこちらから